サッカーW杯ベスト8

日本代表は惜しくも敗退しましたが、大会はまだまだ続いています。
連日、熱戦に次ぐ熱戦で、ベスト16では実に8試合中5試合が延長戦にもつれ込む事態となりました。
劇的な決勝点、手に汗握るPK戦、早くも数多くの名シーンが生まれました。

そして遂にベスト8が出揃いました。
ブラジル対コロンビア、フランス対ドイツ、オランダ対コスタリカ、アルゼンチン対ベルギーが次のカードです。
どれも名試合を予感させる好カードですね。
南米同士、欧州同士、中南米対欧州という組み合わせを見ると、アジア勢・アフリカ勢が残っていないことに寂しさを覚えます。
4年後こそ日本の躍進を見たいところですね。

さて、ベスト8で個人的に注目したいのは、ブラジル対コロンビアの一戦です。
説明するまでもない優勝候補ブラジル。今大会は圧倒的にブラジルの優勝を予想している人が多いのではないのでしょうか。
至宝ネイマール要する攻撃陣は大会随一の迫力を誇ります。
しかし、ここまでは意外と苦戦しており、先日のチリ戦も120分で1対1の末PK戦を制して勝ち上がってきました。
疲労の蓄積は必至です。

そして、私が応援するのはコロンビアです。
若きエース、ハメス・ロドリゲスの恐ろしさは日本戦で嫌というほど目にしました。
日本を倒したのですから、頑張ってもらわなきゃ困ります。
勝手ながら日本の分も、と思いを込めて応援しますよ。
番狂わせとなるか、早く試合が見たくて指折り数えて日々を過ごしております。
頑張れコロンビア!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ